緑のAACR2017の80kmに参加してきた

前日譚

ろんぐらいだぁす!のアニメを経典とし、TV版を録画したHDDや発売されたBDが擦り切れるまで観てるんじゃないかっていうkanaさんが「やはりAACRに出ねばなるまい」と言うので、「いや…いきなり160kmは死ぬよ…」と話してたのがすべての始まりだった
というわけで5月開催の緑のAACRに絞って参加することに。距離は80kmで、途中余裕がありそうなら120kmにしてみりゃいいんじゃね?みたいな感じ。自分、kanaさんに加え、kanaさんの前の会社の同僚しましまもF5アタック戦に参加

結果…

なんとkanaさんだけ決済出来ないという結末に…

最初はどうしようか悩みましたが、自分はぼっちでも参戦してみようという決心がついたので、とりあえずしましまに「せっかくだしkanaさんには悪いけど二人で行く?」と声をかけると、「いってみましょうか」というお返事
かくして主役を失ったまま、我々は旅に出るのであった…

5/20(前日)

7時に起床、輪行は前日に準備済み。家の前のバス停から最寄までバスで移動し、新宿まで輪行。しましまと合流しこばやしの牛タン弁当とサンドイッチを購入。同族っぽい人もちらほら見かける。みんな同じあずさだろうなあ
あずさの座席は1番後ろを取ってたけど、1番後ろってテーブル動かないのね…。2台置くの超苦労しました。結局自分のXR2をテーブルの上に乗せるというパワフルプレイ

それにしてもあずさって親父が言ってた通りめちゃくちゃ揺れる、こわい。大丈夫なのこれ

松本に着いた。飲み物買うついでに、妻に頼まれたお土産を探す
あった…アルクマ…



すっげー顔がムカつくのは自分だけでしょうか

アルプス口に出たら輪行組が他にもいる。みんな同じあずさ乗ってたのかな。それにしてもあっつい…。サクッと組み立てようとしたけど…EPSが元に戻らない。なんか紫のランプがついてるw
そうかEPSでの輪行って初めてだよ…途方に暮れるも、店長さんどうやってたかな?とあれこれやってたら緑ランプに戻って動いた。パワーはすべてを解決する

梓水苑まで10kmほど走るんだけど…長野県人の運転超怖い。もっと自転車というか二輪車に気を遣ってほしい!と思った時はよく見たら名古屋ナンバーだった。長野県の人ごめんなさい。愛知県人はとにかくウインカー出せ

エントリーを済ませてホテルに移動。安曇野市へ向けてひたすら北上なんだけど、県道25号線がなんとなく登り気味の傾斜。気付いたらしましま千切れてた。明日も同じルート走るけど大丈夫かこれ

そして…

ここが私たちの犯したミスだったのです…

良さそう!と選んだホテルが国立公園内にありまして、とても素晴らしいのですが…平均斜度8%弱が5km続きます…
出だしから物見山とか目じゃないです!こりゃなかなかキッツイ!オラなんだかすっげーワクワクしてきたぞ!

振り返るとしましまの姿が見えないぞ!

諦めて歩きたいとの相談を受け、スニーカーに履き替える。ホテルに「DNFのため予定より30分ほど遅れそうです」と電話したら笑われてしまった…はずかちい…。その後勾配がゆるい区間はスニーカーでSPEEDPLAYを回すという拷問プレイでなんとか切り抜ける
1時間半ほどかけてホテル着。売店でコーラを購入して一気飲み、めちゃくちゃウマい…。そしてこの絶景!下に見える街からチャリ押したり漕いだりして来たの!他の方は車とかでしょ??うちらバカじゃない?????



ジャージを洗濯してそのままシャワー浴びる。ジャージの洗濯は絶対に「石鹸」です!しっかり落ちるよ!
夕飯はバイキングなのでカーボローディングしまくる。タラの芽天ぷらやそば、ローメンなどの郷土料理がうめえ…
明朝は4時起きという事で22時にはおやすみなさい。山はもう上りたくない…明日は今日より楽でありますように

2日目

4時起床の予定が20分ほど早く目が覚めてしまう。アプリによると睡眠効率80%とかで全然眠れてなかったっぽい…疲れすぎてたのだろうか。何はともあれ時間がないので、飯食って着替えて出発準備。フロントでバナナをもらってさらに食べて、予定通り5時に出発

昨日1時間半かかった坂が5分で終わった

悲しい
すごく悲しい
あとダウンヒルクソ寒い。マジで寒かった
ヨーロッパプロがジャージの中に新聞紙詰めるの分かるし、山頂で選手にガゼッタ渡すオッサンとか尊敬する

80km組は7時出発なのに6時に着いてしまう。とりあえずのんびり待ってるけど日陰寒い、クソ寒い。日向はあったかいけどまぶしい。ディレンマってこういうやつだよきっと
80km組は最年少が8歳、最年長が78歳らしい。夫婦での参加が多いけど、旦那さんの方は脚とバイクがガチである。あと女性どうしのチームもいる。まあ80kmなら参加しやすいよね

ついにスタート。飛ばしてる人が多いけど、このクラスだと坂で失速して死んでる人が多いのはツールド東北で経験済みなのでどんどん先に行かせる
そんな中、最初の激坂区間でサクソバンクのジャージを着た少年がお父さんと上ってる!その様やまさにコンタドール!君が今日のマリアローザだ!バキューン!

コースとしては県道25号線を北上する、つまり微妙に坂である。前方の人にくっついてたんだけど、ちょっとしびれを切らしてしまったので「ひきまーす」と言って前に出たら、誰もついてこない。しましまもついてきてないwしましま早くも脚にキテるようだ…

第1エイドで米粉パンとジャムとなんかお菓子。どっちもおいしいんだけど、自分はまったく消耗してないのでひたすらに甘いだけで苦しいし口の中がパサつく。あとなんか屁が止まらない
出発後間もなく公称値3.3%の上りが延々と続くとのことで、もうマイペースで行って頂上で待つから気にしないでねとしましまに言う。あちらは完全に脚が売り切れのようなので、木々に止まっているカラスちゃんたちに声をかけながらゴリゴリ上がっていく。カラスかわいい

その後は20km/hくらいで引き続け、味噌おにぎりエイドへ向かう。ここもわずかに上りだけどもうマイペース
味噌おにぎりはあまりにおいしい!



紗希さんの真似をして2個食べちゃうプレイ。紗希さん好きすぎてヤバい
妻はサガンとガビリアが好きみたいだけど、自分は断然高宮紗希さんですね!

そういえば屁はまだ止まらない
アルプスの山々を眺めながら、下り基調の堤防を高速巡行!(速すぎると怒られる



最後のエイドに到着。りんごジュースとおばあちゃんの漬物おいしい。漬物って出来合いのは食べないけど、手作りはおいしいから食べちゃう。味がやさしいから?だが福神漬けテメーはダメだ

また上ったり下ったりが続いたので、もうペース配分はしましまに任せた。自分はエースポジションでケツを叩くのみ。13時頃に無事ゴール。それにしてもめちゃくちゃあっつい。朝はあんなに寒かったのに!

温泉で汗を流して松本城へ向かうも入場待ちとか…おとなしく戻り自転車を片付け、タリーズで帰りのスーパーあずさの時間まで休憩
お弁当を買ってお隣さんも参加者な特急の中、うたたねをしつつ帰りました

感想
・参加するためのハードルが高すぎる(サーバ雑魚すぎじゃないか?)
・やっぱり車で行かないとなかなか厳しい
・日曜も宿泊の方が翌日観光とか出来て楽しそう
・道が整備されてたりガタガタだったり、だいぶ差が激しい
・味噌おにぎりは味噌のバリエーションが豊富すぎてウマい
・坂は「山!」みたいな感じではないので、来年も距離延ばして参加したいかも
・kanaさん来年こそ一緒に行こう